【生徒募集中】北関東No.1の指導をオンラインでも!松橋国語塾オンライン校開校! >>詳しくはこちら

夏目漱石「明暗」のあらすじ解説

夏目漱石の小説「明暗」は、東京帝国大学文科大学の英文科に在籍する主人公・有島武郎が、学生時代の出来事や学問と自分自身との葛藤、社会との関わりを通じて成長していく様子を描いた青春小説です。

有島武郎は、父親が出世できず、家計が苦しいために努力して進学したものの、東大では成績が伸びず、途方に暮れていました。そんな中、彼は上級生の西田と出会い、自分自身のあり方や人生の目的を考えるようになります。西田は、有島に対して自己研鑽の大切さや社会における個人の役割、学問の真の意味などを教え、有島は彼から大きな影響を受けます。

やがて、有島は文学に興味を持ち、小説の執筆を始めます。彼は自分自身の体験や感情を描いた小説を書き、それが評判となり、文壇に足を踏み入れます。しかし、それでも彼は自分自身に対する疑問や、社会や自分自身についての不安を抱え、苦悩することもあります。

小説の中で、有島は西洋的な文化や倫理観と、自分自身や日本的な文化との対立を感じます。そして、彼は自分自身の信念を見つけ、自分自身と向き合っていくことで、人間としての成長を果たしていくのです。

以上のようなストーリーとなっています。ほかにも名作シリーズを紹介していきますので、読書感想文などにご利用ください。

松橋国語塾では、国語専門塾として日本TOPレベルの指導ができるよう、日々努力しています。国語でお手伝いができることがございましたら以下のお問合せフォームにご連絡いただけると嬉しいです。

https://kokugo.love/online/

今後も役に立てるような記事を書きますね!

それではまた!