【生徒募集中】北関東No.1の指導をオンラインでも!松橋国語塾オンライン校開校! >>詳しくはこちら

高校1年生の保護者必見!大手と個人経営の学習塾の違い!

松橋国語塾の備品(おやつ)買い出し担当の高橋はるかです。

この記事では塾長ではなくスタッフのわたしがこの塾や業界について調べたことや考えたことを説明していく記事です。

当塾では北関東No,1国語専門塾となっておりますので、是非ともこの記事を読んで皆様のお力になれればと思います!

さいしょに

最近、どんどん寒くなってきて、体調を崩しやすい季節になってきましたね。

この時期は特に、寒さが厳しくなる日や少し暖かい日の変動が激しいので服装に気をつける時期になりましたが、ぜひ暖かくしてお過ごしください。

この記事ではこれから学習塾にお子さんを通わせようとしている保護者の方々に、塾の形態やそれぞれの違い、メリットとデメリットをお伝えできればと思います。

①学習塾の種類

まず、学習塾にはそれぞれのペースで学習をすすめられる個別指導塾と大勢の人と授業を受ける集団授業の塾、最近では家で手軽に受けられるオンライン授業の塾もあります。

さらにそこから大手の(大きい)学習塾と個人経営の(小さい)学習塾に分かれます。

今回はおおまかに大きい学習塾と小さい学習塾に焦点をあてていきたいと思います。

②大手の(大きい)学習塾

メリット

・授業方法が確立されていて、ノウハウや教え方がしっかりしている

・校舎が複数あり、自宅から近い校舎を選べる

デメリット

・融通が利かない

・より多くの学生が利用しやすいようになっているので合わない学生もいる

上記の塾では、先生の数が多く、様々な教科のエキスパートがいるので、わからない問題や難しい用語などを質問しても解説できます。

また”大手”なので、生徒やお金の管理など、保護者と塾との間で起こりうるトラブルの心配が少なく安心してお子さんを預けることができます。

②個人経営の(小さい)学習塾

メリット

・日程や時間など、融通が利くことがある

・生徒の人数が少ないので快適に学習できる

デメリット

・先生や生徒とのトラブルがあると気まずくなることがある

・設備が整っているところとそうでないところがある

このような塾では生徒と先生の距離が近く、質問しやすい環境だったり勉強のモチベーションを維持しやすかったりします。

一つの教科の特化型であることが多く、全体的に学習したいお子さんより、苦手な教科だけ又は得意教科を伸ばしたいお子さんに向いていると思います!

さいごに

この記事では大手の学習塾と個人経営の学習塾の違いについて説明しました。

少しは皆様の学習塾を選ぶ参考になったでしょうか?

別の記事に集団授業や個別指導、オンライン授業の長所や短所などをまとめたものがあるので、そちらもぜひご覧ください!

この記事を読んで、少しでもお子さんの成績を上げるきっかけになると幸いです。

気になる学習塾があったらぜひ見学に行ってみてください。先生の授業や雰囲気など、実際に行ってみないと分からないことがたくさんあります。

多くの学習塾が体験授業や面談などを実施しているので足を運んでみたらいかがでしょうか。

そして私たち松橋国語塾では小学生・中学生・高校生を対象とし、中学・高校・大学受験に備えて主に国語を指導しています。

3~5人で受講する集団授業と個別授業が合わさった対面での少人数授業をしており、この授業の他に県境を超えた生徒さんとオンライン授業もやっています。

それぞれの授業で一度に指導する生徒の数が少ないので、綿密な授業をご提供します。

国語でお手伝いができることがございましたら以下のお問合せフォームにご連絡いただけると嬉しいです。

https://kokugo.love/online/

今後も役に立てるような記事を書きますね!

ぜひホームページやブログを随時更新しているので見にきて下さい!

それではまた!